サポートやお問い合わせ窓口の偽装

はじめに

暗号資産の性質上、一度行った取引はキャンセルできません。たとえば、第三者に暗号資産を出庫した場合、組み戻したり、支払手続きを停止したりすることはできません。暗号資産を第三者のアドレスに出庫するときは、信頼できる相手にのみ暗号資産を出庫するように注意を払ってください。 

サポートやお問い合わせ窓口の偽装

この事例では、お客様サポートのお問い合わせ番号が偽装されます。金融、IT、小売、通信などのサービスにおいて、ニセのサポート電話番号がインターネット上で拡散されます。また、詐欺師がターゲットに直接電話をかけることもあります。ソーシャルエンジニアリングを駆使して人をだまし、個人情報を聞き出して悪用します。 

  • いかなる場合でも、サポート担当者などにご自身のパソコンやスマートフォンへのリモートアクセスを与えないでください。リモートアクセスを与えると、お使いのコンピュータやオンラインの口座などへのアクセスを掌握されます。

  • ご自身の二段階認証のセキュリティコードやパスワードを決して教えないでください。Coinbaseが機密の認証資格情報の提供を要求することは決してありません。

  • 個人情報を聞き出そうとする電話は拒否してください。実在する企業やその電話番号を偽装する可能性もあります。ご注意ください。 

  • サポート担当を名乗る人に頼まれても、暗号資産を外部アドレスに出庫しないでください。Coinbaseが暗号資産を外部アドレスに出庫するように要求することは決してありません。

supportAndMore.png
当社へのお問い合わせ