宛先タグ/メモのよくあるご質問

重要事項

受領者のウォレットが宛名タグ / メモを必要としているかどうかは、お客様の責任において判断してください。不確かな場合は、大量の暗号資産を送信しようとする前に、テストデポジットとして少量を送信してみることを強くお勧めします。

宛先タグ / メモとは何ですか?

宛先タグ / メモとは、トランザクションの受領者を特定するのに必要な、ウォレットアドレスとは別の追加アドレス機能です。 

なぜ必要なのですか?

  • これらの種類の暗号資産の場合、Coinbaseのような中央集権型取引所のほとんどが、宛先タグ技術を用いる銘柄のすべてのトレーダー機能に1つのウォレットアドレスを使用しています。 

  • そのため、存在する個別口座のどれに任意のトランザクションを割り当て、暗号資産を受信すべきかを判断する目的で、タグ /メモが用いられています。

:これらの暗号資産の1銘柄を送信するウォレットアドレスは、アパートの住所と同じだと考えることができます。タグ / メモは、そのアパートのどの部屋に受領者が住んでいるかを特定するものです。

宛先タグ / メモが不要な場合はありますか? 

宛先タグを含める必要がない唯一の例外は、個人で管理している暗号資産の保管場所やデバイスに送信する場合です。 

個人が公開鍵と秘密鍵の両方を完全に管理(カストディ)するプライベートウォレットが、それに該当します。Coinbase.com口座はプライベートウォレットではありません。プライベートウォレットの例には次のものが含まれます(が、これらに限定されません)。

  • デスクトップ:デスクトップPCやノートPCにダウンロードし、インストールしたウォレット。

  • ハードウェア:USBなどのハードウェアデバイスに格納したウォレット。オフラインで保管する。

注意事項:送信先がパブリックウォレットかプライベートウォレットかがわからない場合は、Coinbaseのお客様サポートにお問い合わせください

宛先タグ技術を用いる暗号資産の、プライベートウォレットを使用した送信

  • 宛先タグ技術を用いる暗号資産をCoinbaseに送信する場合は、正しいタグ / メモを入力してください。 

    • 暗号資産を受信するにはアドレスとタグ / メモの両方が必要です。タグ / メモなしで資産を送信したり、タグ / メモが間違っていると、お客様の口座に資産を受信できません。

  • Coinbaseからプライベート / 個人用ウォレットに暗号資産を送信する場合は、タグ / メモが必要でないことがあります。

これらの銘柄を取引する場合、宛先タグ / メモを含める必要はありますか?

はい、あります。この技術を用いる銘柄のトランザクションではタグ / メモは必須です。これらの銘柄をCoinbaseに送受信する場合は、正しいタグ / メモを入力してください。

Coinbaseでの宛先タグの確認 / 使用方法については、ヘルプページの手順をご覧ください。

自身の宛先タグを含めるのを忘れてしまった場合はどうなりますか?

宛先タグが必要であり、それを含めるのを忘れてしまった場合や、間違ったタグを含めてしまった場合、その資産を失う可能性があります。

supportAndMore.png
当社へのお問い合わせ